カテゴリー :犬と暮らす ひなたぼっこ‐山口県で犬と猫の里親を募集しています
FC2ブログ

ひなたぼっこ‐山口県で犬と猫の里親を募集しています

山口県内で犬や猫を飼いたい方と里親を探している方を仲介するサイトです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬のしつけ【はじめに】

犬と人とが一緒に生活する為にしつけはとても大事です。
犬の特性をよく知り、個性を見て上手にしつけをしましょう。

犬はリーダーがいる群れで生活する動物です。
飼い主さんがリーダーになってください。

生後2~3ヵ月は、社会性が身につく時期です。
予防注射が済むまでは散歩には行かないほうが良いですが
1日、10分くらい外に出して、色んな人や環境に触れさせてあげてください。
怖がったら無理せず、少しずつ慣らしてあげていってください。


首輪とリードは必ずつけて
放し飼いは法律・条令でで禁止されています。ノーリードでの散歩も同様です。

世の中には犬が嫌いな人、怖い人もいます。
大人しい、優しい犬だからといっても
犬が怖い人にはそうは見えないこともあります。

いくら訓練をしていても、首輪とリードをつけて散歩しましょう。
最低限のマナーだと思います。

スポンサーサイト

| 犬と暮らす | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬の避妊・去勢手術

こどもを産ませる予定がないのであれば、オスもメスも手術をお勧めします。

避妊・去勢手術をすることによって
・発情から来る性的ストレスが減り、しつけもしやすくなります。
 (個体差はあります)
・メスは子宮蓄膿症・乳腺腫瘍 
 オスは前立腺肥大などの病気にかかる確率が減ります。

時期は初めての発情が来る前、生後半年くらいに行う方が
子宮蓄膿症や前立腺肥大などの病気にかかる確立が下がると言われています。
獣医師に相談してから決めましょう。

費用は だいたいですが
オスが20000~30000円 メスが30000~50000円
病院によって違いますので必ず確認して下さい。

避妊・去勢手術のデメリットとして太りやすくなると言われています。
カロリーが抑えてあるドッグフードを与えるなど食生活で工夫をしてあげて下さい。

| 犬と暮らす | 13:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛犬の為の3つの予防

【狂犬病予防注射】
法律で定められていますので、各市町村の案内を確認して予防しましょう。
動物病院でも受けることが出来ます。

狂犬病は、哺乳類全てに感染します。
感染して発症するとほぼ100%死亡し、治療法はありません。
日本は昭和32年を最後に発症が見られない国のひとつで
世界中では数多く発症例があるようです。
愛犬の為でもありますし、人のための予防でもあります。
ウィルスを海外から持ちませない為毎年予防注射を受けましょう。


【混合ワクチン】
生後2~3ヵ月で最初の予防注射を受け
その1ヵ月後に2回目の予防注射を受けます。
その後は1年に1回接種となります。

2種混合~9種混合ワクチンがあり、病院によって勧める種類も違いますので
獣医師と相談してから接種してください。

費用は種類・病院によって色々ですが、だいたいは8000円前後のようです。
必ず病院で確認してください。

狂犬病と違い法律で決められている訳ではありませんが
目に見えないウィルスはどこから感染するか分かりません。
動物病院へ行けばたくさんの犬や猫がいます。
そこで感染する可能性もありますので、必ず受けてあげて下さい。
ワクチン接種したからと言って100%防げるものではありませんが
感染した時に症状を抑えることが出来ます。


【フィラリア予防】
フィラリアという寄生虫を蚊が媒介する病気で
感染すると、心臓に寄生し咳が出たりお腹が大きくなったり
心臓病などの病気を引き起こします。
感染してもすぐに症状が出ないことの方が多いようです。

予防の時期は地域によって異なりますが
だいたい4月の終わりから11月の間に
月に一度、薬を飲ませるのが一般的のようです。

獣医の指示の下、きちんと予防すればほぼ感染は防げるといわれています。
蚊取り線香では予防出来ません。
また、感染後の治療は歳を取ってから症状が出る為、負担が大きいこともあります。


予防に勝る治療はありません。
元気で長生き出来るよう、飼い主さんが気をつけてあげてください。

| 犬と暮らす | 14:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めて犬を飼う時の必要なもの

・必要なもの
ドッグフード・専用食器
首輪・リード
ケージ・サークル
トイレ・ペットシーツ
おもちゃ
ブラシ・シャンプー

生活環境に合わせて揃えてあげて下さい。


・畜犬登録
生後90日以上の犬を飼育している飼い主さん全てに法律で義務付けられています。
狂犬病の注射を打ち
その証明書をお住まいの役所または保健所で登録手続きをして下さい。
登録すると注射済証という鑑札を貰いますので
出来れば首輪に付けて下さい。(迷子防止の為)
最近は可愛い鑑札ホルダーも売っているようです。

注射代 3500円 
登録手数料 3000円 
鑑札発行手数料 550円などがかかります。
市町村によって手数料は異なります。必ず確認してください。


 

| 犬と暮らす | 18:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。